思い出したくない闇金の思い出

看護師さん ごめんなさい

僕の、一番古い看護師さんの記憶は、
四歳ぐらいの時だったと思う。

 

今でもはっきりと覚えている。
あれは、住んでいる地域の保健所の中だった。
今でもその保健所は変わらずにある、もう20年も昔なのに、

 

八尾市 看護師求人募集情報はこちら。

 

その日は、何のだったかは思い出せないが、
保健所に、予防接種を受けに行かなくちゃいけなくて、母と二人で向った。

 

待合室には、同世代の子供たちがたくさん注射の順番を待っていた。
いよいよ、僕の番になって名前を呼ばれた。

 

徳島の徳島市 看護師求人募集をお探しの方はこちらへ。

 

お医者さんが座っていて、女の看護師さんが二人立っていた。
「ハーイ、じゃあ、腕出して」
そういわれて、恐る恐る差し出した左手を、看護師さんがぐっとつかんだ。
お医者さんが、注射器に手をかけようとした瞬間
僕の恐怖は絶頂!!!

 

次の瞬間、医者のすねをけって走り出した。
近くに合った柱によじ登ろうとして、看護師さん二人につかまり、
僕は、看護師さんに押さえつけられる中、力いっぱい抵抗をつづけた。
大絶叫しながら、逃げ惑う僕に、待合室の子供たちも一斉に泣き出した。
抵抗を続ける僕を、必死で取り押さえていた看護師さん。

 

草加市 看護師求人募集では草加の看護師求人情報を公開しています。

 

あんなことして、すまなかったと今は思う。
きっと注射より、痛い目に合わせた。

 

ごめんなさい あの時の看護師さん。